絶対に行ってはならない間違った早漏治療

世間には「早漏治療」としたものが多く出まわっています。
クリニックでの手術や、早漏防止スプレー、早漏治療薬といったものがあります。

知らない方が多いかと思いますが、
男性治療のクリニックでは早漏防止治療と名した手術により感度を抑える治療方法を施します。
注入剤を亀頭に注射し感度を鈍らせたり、ウラスジまで除去して治療する場合があります。

これはもちろん刺激に弱いことからくる早漏の方に向けた治療ですが、問題があるのです。

身体的な要因の場合、亀頭を自分で鍛えれば改善できてしまう場合がほとんどです。

しかしクリニックでは身体的な治療しかできないため無理に治療を進めてきます。
特に注入剤での治療となれば50万程度の治療費になることもよくある話です。

自分で身体的な要因だと思い込んでいる方が非常に多いのですが、
興奮やコンプレックスなど、
ほとんどの方が精神的な要因であるという場合が多いのです。

あなたの持続時間に差が出るケースをよく思い出してください。

その時の精神状態の違いに気が付くはずです。

「長持ちした時はリラックスしていた」
「5秒で終わったときは自信がなく気持ち不安定だった・・・」

心当たりありますよね。

早漏は病気ではありません。
正しい方法さえ理解すれば自宅で改善できます。

特別特典付LINK

SNSでもご購読できます。