早漏トレーニング

興奮を抑えるには?

早漏の原因は「興奮をコントロールできないこと」です。
スパーキー佐藤の早漏革命をまだ手に入れていないあなたのために応急処置方法をお伝えします。

簡単シンプルな呼吸法です。

1:鼻から限界まで息を吸う(約5秒)
2:息を止める(約6秒)
3:口をすぼめて限界まで息を吐き切る(約7秒)

ただの深呼吸のような呼吸法ですが、かなり効果的に興奮を抑えることができます。

・・・ただ大きな問題として、行為の途中でいきなりこの呼吸をしては相手の興奮も冷めてしまいます。
相手に伝わらないように細心の注意を払ってください。

早漏vsうつ病

早漏は、ホルモン物質である
セロトニンが関係している説が
現在では最も有力です。

が、

これだけ科学が発達した時代にも関わらず
未だに本当の原因や、絶対的な解決策が
発見されていませんか?

なぜか?

といえば、早漏でも死なないからです。

基本的に科学を含むビジネスは

緊急性が高く死に直結する

モノから順番に発達していきます。

例えば、早漏の問題と言われている
セロトニンですが、精神病の最大の
原因とも言われています。

もしあなたがセロトニンの権威だとした時、

早漏 vs うつ病

で、どっちを先に解決するかといえば
死に直面する可能性が高い
うつ病の研究から始めると思います。

また性質上、

「僕は早漏なんです!」

と他人に発表はしないと思いますので

「悩んでいる人は少ないんじゃ無いかな?」

と企業や市場は想像します。

そのため、抜本的な解決策が
いつまでもでてこない
隠れた問題の1つだと思います。

ただ、男性にとっては大きすぎる悩みです。

性行為に自信が持てないという事は
女性に対して自信が持てないのと
ほぼイコールになります。

・草食系男子
・最近の若い男は車や旅に興味を持たない

など、男性の弱体化が言われていますが
あながち早漏と無関係ではないと
思っています。

大きな話をすれば、
ガツガツした動物的な男性が増えれば

旅、車、デート、食事、遊園地…

などなど、

けっこう大きな経済効果を生み出すと
思っています。

と、格好つけて難しい事を書いてみたのですが
今日したい話は「早漏を治す方法」です。

私自身、昔かな~り悩んでいたので
この何とも言えない辛さはわかっているつもりです。

基本は3つのアプローチをしないと
早漏は治らないと思っています。

1つが、科学的アプローチ。

例えば、薬を飲んだり、医者に通ったり
ホルモンや栄養などの観点から
解決する方法です。

ただ、これは先ほど話したように

「後回しにされる分野であること」

という問題点に加えて、
「医者に行く」なんて恥ずかしいことは
なかなか出来ないというダブルの悩みがあります。

早漏を解決するクリニックに入るところを
万が一でも近所の人に見られたら
それこそ病気になります。。

そのため、本質的な解決策に
なりづらいという問題があります。

あとは基本的に薬は体に悪いので
副作用が起こるという問題もあります。

2つ目の解決策は、肉体的なトレーニング。

基本は、摩擦と刺激ですので
男性器を適切な鍛え方をしないと
いけません。

筋肉と一緒でトレーニングが必要です。

3つ目の解決策は、精神的アプローチ。

女性や性行為に対するトラウマが
恐怖心や悪い想像力を作り出し
それが交感神経に悪い影響を与えて
早漏が発生するという一面もあります。

そのためトラウマを根本的に解決したり
「思考は現実化する」を逆手にとった
思考法が必要になります。

今まで、様々な早漏防止グッズや
サービス、情報が発売されてきました。

しかし、既存のコンテンツの弱点は

1:肉体的アプローチ
2:精神的アプローチ
3:科学的アプローチ

の「どれか1つだけ」に
偏っていました。

医者は化学的なこと『だけ』しか言いませんし
精神論者は、精神論『だけ』しか言いません。

ドラゴンボールは7つ集まって
初めて願い事が叶いますが
早漏は3つが揃って初めて解決すると思っています。

「3つを同時に解決するそんなアイデアはないかな?」

と昔から思っていたのですが
一つだけ全てを叶えてくれる方法があります。

「その手があったか!」

と思わせてくれる
本質的な解決策だと思います。

多分、これで早漏の問題は
終止符を打たれると思います。

当サイトで特別な条件で手に入れることができます。

➡3つが揃った早漏克服法

精子と早漏の関係

面白い法則を発見しました。

あなたが最も興味があるであろう性行為の持続力の長さです。

ようは早漏の話です。

これまでの性行為を振り返ると

「今日はなぜか早いな?」

と思う時がありますよね?

しばらく射精を全くしていなかったり
念願の女性と初セックスをした時だったり・・・

色々と要素があるのですが
私が特に感じるのは『場所』です。

たとえば、初めて訪れた旅行先で
セックスをするとなぜか早漏になります。

『行為の場所によって持続力が変わる』

のです。

精子について研究をしている
学者さんが書いた本を読んで
この理由がよく解りました。

新しい場所に行くと私達の精子は

「新境地だ!戦わなくては!」

と思います。

これは恐らく原始時代に領地を拡大した
人の遺伝子が残っていると思います。

「新しい場所で新しい子孫を残そう」

と思っていたのではないでしょうか。

新しい場所で新しい遺伝子を残すことは
人間の生存本能の1つだからです。

そうなると私達の精巣はこう思います。
(正確には脳です)

「よし!古い昔の精子を早めに排出して
新しい元気な精子を作らないと!」

と張り切ってしまいます。

古い精子をバンバンと出そうと
一生懸命努力するのです。

そして、それが早漏に繋がります。

逆に住み慣れた場所や何度かHを
繰り返した相手だと私達の脳は

「あ~あ、いつもの場所と相手ね」

と思い始め、精子の製造や排出に
あまり努力を払わなくなります。

つまり、遅漏になります。

あくまで1つの仮説であり
これだけが全てではありませんが
早漏で悩んでいる方はなるべく
行きなれた場所などで性行為を
してみて下さい。

恐らく持続力が伸びると思います。

早漏を治す方法

早漏を対策する基本的なトレーニングとして、
「PC筋」という筋肉を鍛える方法があります。

PC筋とは排尿を止めるための筋肉で射精の際にも鍛えれば有効な筋肉です。
排尿を止めた時にお尻の筋肉が締まるのを感じた事があると思います。

その筋肉がPC筋です。
PC筋を鍛える事によって射精を我慢できる力がアップします。

通常の筋トレと同じく余計なところには力を入れず筋肉を意識しながらトレーニングする事。

しかし筋肉を鍛えるだけなので射精の時間を延ばす事はできても、
「早漏」を克服できるわけではありません。

30秒で射精するあなたが1分になっても女性は満足してくれません。

このページに辿りついたあなたは射精時間をのばす事が目的ではなく
「早漏を治す事」この1点につきるでしょう。

射精時間がのびるまであなたの大事な女性はずっと不満を感じます。
早漏を治すには筋力トレーニングだけではだめなのです。

当サイトでは即効性があり継続性のある早漏克服法をご紹介しています。
→→スパーキー佐藤「早漏革命」

小手先のテクニックに頼ってはいけない

世の中には早漏克服、早漏防止といったものが数多く出まわっています。

当サイトをご覧頂いているあなたには小手先のテクニックではなく早漏を克服し、
内面から改善してもらいたいと考えています。

小手先のテクニックでは、相手に見透かされたり、不自然に感じらてしまいます。
早漏スプレーや早漏治療薬はただの小手先の一時対策です。

「早漏スプレーを使用しないとできない」
「薬の効果が出てから誘う・・・」

あなたは気付いてないかもしれませんが
女性はあなたとの性交渉のときに違和感を感じているのです。

早漏対策は必ず根本的な原因をとりのぞき、
あなたの自信を取り戻すことが重要なのです。

そもそも早漏の原因とは?

なぜ人によって射精までの時間に差が生じるのでしょうか?

ほとんどの「早漏」と呼ばれる人は2通りの原因にわかれます。

一つは刺激に弱い事からおこる早漏。
若い方に多くみられますが、単純に刺激になれていない事が原因です。
包茎、仮性包茎の方もこれにあたる場合がほとんどです。
尿道や前立腺の炎症が原因になる場合もあります。

もう一つの原因は、必要以上に興奮する事や性経験が少ない事やからくる
「精神的な要因による早漏」です。
女性に対してのトラウマ、コンプレックスなどが原因になることも多々あります。
このタイプはメンタルが原因になるため早漏改善グッズや普通の早漏対策では改善が非常に難しいでしょう。

刺激になれていない方は刺激に強くなれば良いだけです。

しかし、ご自身で身体的な要因と考えてる方も実は精神的な要因の方がほとんどです。
亀頭を鍛えれば早漏が改善する・・・そんな簡単な話であれば悩む必要はありませんし、
ご自身の力で克服できるでしょう。

あなたはどちらですか?

ご自身の努力だけでメンタルを操るのは容易では無いことは想像できると思います。
専門家のアドバイスがあれば、スムーズに克服できるのではないでしょうか?

当サイトでオススメするスパーキー佐藤氏の早漏教材ならば最短で克服できる方法が手に入ります。

絶対に行ってはならない間違った早漏治療

世間には「早漏治療」としたものが多く出まわっています。
クリニックでの手術や、早漏防止スプレー、早漏治療薬といったものがあります。

知らない方が多いかと思いますが、
男性治療のクリニックでは早漏防止治療と名した手術により感度を抑える治療方法を施します。
注入剤を亀頭に注射し感度を鈍らせたり、ウラスジまで除去して治療する場合があります。

これはもちろん刺激に弱いことからくる早漏の方に向けた治療ですが、問題があるのです。

身体的な要因の場合、亀頭を自分で鍛えれば改善できてしまう場合がほとんどです。

しかしクリニックでは身体的な治療しかできないため無理に治療を進めてきます。
特に注入剤での治療となれば50万程度の治療費になることもよくある話です。

自分で身体的な要因だと思い込んでいる方が非常に多いのですが、
興奮やコンプレックスなど、
ほとんどの方が精神的な要因であるという場合が多いのです。

あなたの持続時間に差が出るケースをよく思い出してください。

その時の精神状態の違いに気が付くはずです。

「長持ちした時はリラックスしていた」
「5秒で終わったときは自信がなく気持ち不安定だった・・・」

心当たりありますよね。

早漏は病気ではありません。
正しい方法さえ理解すれば自宅で改善できます。

特別特典付LINK